皆さんこんにちは、らく~だです。

自分のハイエース4型後期(5型)も3月に納車されてからこの前走行5000kmに達しました。思ったより走っていないな、、、。

ハイエースも200系が末期と噂されていますが、今回特別仕様車がリリースされた様です。
その名も「50周年特別仕様車“50TH ANNIVERSARY LIMITED”」と「“DARK PRIME Ⅱ”」。

さてさて、今までの「DARK PRIME」と何が違うのか軽くみていくことにします。

おそらく他のサイトでも同じような情報がたくさん掲載される・もしくはされていると思いますので、ここではできる限り簡便に、「DARK PRIME」から変わったところに的を絞って説明していきたいと思います。

それではいってみましょ~

今までのダークプライム

今までの特別仕様車「DARK PRIME」がどのようなものか、ご存じ無い方向けに簡単に説明したいと思います。

「DARK PRIME」は通常のS-GLをベースに下記部分が変更された特別仕様車です。

ハイエース S-GL ダークプライム(DARK PRIME)ハイエース S-GL ダークプライム(DARK PRIME)

  • 特別色の設定有り(スパークリングパールクリスタルシャイン)
  • ダークメッキパーツ(S-GLは通常のメッキ)
    -グリル
    -リアガーニッシュ
  • スモーク加色ヘッドライト
  • マホガニー調内装パーツ
    -革巻きハンドル
    -インパネ
    -ドアパネル
    -パワーウィンドウスイッチベゼル
  • レザー調内装パーツ
    -前後シート
    -前左右ドアトリム
  • ダークシルバー内装パーツ
    -エアコントロールパネル
    -シフトベゼル
    -ステアリングスイッチベゼル
  • メーカーオプションの標準装備
    -スマートキー
    -LEDヘッドライト
    -ステアリングスイッチ

一言でいうと、内外装が高級感のあるものに変更されて、メーカーオプションが一部標準装備になったものです。S-GLとの価格差12万円程度でLEDヘッドライトなどの高額なオプションが付いてくる他、特に内装はかなり乗用車感のある印象に変わるので、内外装が好みじゃないなどの理由が無ければこの特別仕様車にしておいても良いのでは?と思わせるものです。

ハイエースがどんな車なのかについては下記の記事で紹介していますので、ハイエースのもっと基本的なことを知りたいという方はこちらもご覧ください。

DARK PRIME Ⅱ

それでは今回発売されたダークプライム2は以前のモデルと何が変わったのでしょうか。
変更点を下記に列挙します。

  • ルーフ&ピラー&セパレーターバー(ブラック)
  • スライドドアスカッフプレート(車名ロゴ&イルミネーション付)

そう、変わったのは上記2点だけなんです。とは言っても「ルーフ&ピラー&セパレーターバー(ブラック)」は今まで明るいグレー色だったピラーやルーフのパネル、エアコン吹き出し口等徹底的にブラック化しているようなので見栄えは結構変わると思います。

内装のピラーや屋根まで黒い車に乗った事が無いのでわからないのですが、圧迫感は無くなるんでしょうかね。少し気になります。

ハイエース50周年特別仕様車“50TH ANNIVERSARY LIMITED”

これが今回のリリースの本命でしょうか。
それではこちらは「DARK PRIME Ⅱ」からの変更点を見ていきましょう。